サマーナイト・関西ケトルベルシリーズ第2戦。S1達成ならず!しかし大きな収穫あった!

36kg10分、86回でS1達成ならず。しかし今の自分では限界点まで行けた。

今回は、本当に自分が思う調整ができました。体のコンディション良好、ピークコンディションを含むサプリで体の調子はばっちり。

練習前の動きも今までにないぐらいの、良い動きができました。しかし達成ならず。これはちゃんと検証しないといけません。

もしあるとすれば、空調なしのジム開催なので、暑さぐらいですが、これも自己ベストが多数出ているとなると、言い訳にはできません。

残り1分の動画です。ホンマにきつかった!人生で一番きつかったかもしれません。

 

初級中級の自己ベストを出すには、出し切る事!上級の自己ベストを出すには、出し切る前にセーブすること!

どこの練習に行っても、どの競技の練習に行っても出てくる言葉「出し切れ!!」実際に出し切らないといけません。特に試合は出し切らないといけません。

その競技が初心者の競技や、中級(ここでいう初級中級は、自分がする競技歴が浅いこと。強い弱いではない)は、基本興奮した方が強いし、根性で行く方がいい結果が出ます。

しかし上級レベルになると、その競技で本当の自分を超えることが容易になってきます。そこで出し切ってしまううと、後半もたないです。

上級になればなるほど、ペース配分をしないといけません。

ちなみに、今回JKA史上初のS1を獲得した、溝口選手と、僕とのデータ比較です。

溝口選手 自分
32kg5分 89回 81回
32kg10分 128回 121回
36kg5分 74回 62回
36kg10分 112回 94回
今回試合36kg10分前半5分 64回 60回
今回試合36kg10分後半5分 51回 26回
今回36kg10分最終成績 115回 86回

これを解説すると、溝口選手は試合前データで、32kg5分が89回に対し、36kg5分が74回。僕が、81回に対して62回です。

溝口選手の方が、4kgを増した時のの落ち幅が少ないです。これはまだ溝口選手の方が、重さに対してキャパがあるということ。

そして今回の試合で、前半到達はそこまでかわらないのに、後半に差が出たのは、重さに対して溝口選手がキャパがある、なおかつ、5分ベスト74回に対して、64回到達と余裕がある事。

対して僕の場合は、102回を行くことが目的なので、前半到達何が何でも60に乗せたかった。そうすると、今迄のベスト62に対して60は、ほぼ5分で振るベストのスピードで行ったこと。

この日コンディションがよく、5分でやれば65回はいっていたと思います。それでも5回分しか余裕はなく後半の失速につながったと思います。

5分で65回行ける体力があるということは、実際にコンディションの持って行き方、体調は万全だったということです。

自分の中のキャパ限界で戦ってくると、課題はいかに限界ラインを超えないか!出し切らないでセーブするか。

簡単なグラフを書きました。上下が強度、横が時間です。限界ラインは時間とともに落ちてきます。

限界ライン越えないで手前で休息するかペースを落とすと、まだ回復し次に備えられます。

しかし限界ラインを超えてしまうと、回復ができず出し切った状態になり、競技パフォーマンスは消滅してしまうというグラフです。

初級中級は、だいたい限界ラインの大分手前で競技していることが多いです。

またはフォームがまだ出来上がっていないから、そのフォームが原因で限界ラインが、下になりすぎていることがほとんどです。

だから最初は、動作がフォームを固めるのが先決で、その次にその動作がずっとできることが前提で、とにかく出し切ることが大事です。

しかし上級者になるとフォームの追及点が少なくなり、あとはキャパをどう上げるか、ギリギリ点を超えないで、できるだけ持たせれるかになります。

細かいところを言うと左をもう少し使うべきだった。

ちなみに10日前の、最大の山場の練習、36kg10分は94回行きました。

その時は前半到達55回でした。そこから39回できたことになります。これはまだ5分で限界ラインを到達していないということです。

それにこの時、左を意識するために、右からスタートし→左→右。と終わらせて、何回かのセットを左スタートで行きました。この分疲労が偏らなくなったのかなと。

本番の時は、本当にコンディションが良く、特に右のイメージが抜群だったので、右スタートばかりしてしまいました。失点はこれくらいしかないです。もしかするとこれが致命傷だったかもしれません。

今後これ以上のレベルを求めるには?

もう僕は今年で41歳になります。回復力も実際に落ちてきていますが、その中でと考えると、結構アイディアは浮かんでいきます。

  • 自分の身体の起きていないところを、発掘し開発すること。

僕は、ほぼウエイトトレーニング出身で、今迄バーベルからスタートし、途中で競輪試験練習、そして基礎トレーニング、ケトルベル、クロスフィット系になっていきました。

ウエイトトレーニングオンリーに比べるとかなりバリエーションはあるほうですが、まだまだ開発していないところがたくさんあると思います。

そこで思いついたのが、左右のねじれ、振り切りでした。ロープトレーニングや、ハンマートレーニング、ケトルベルなど、前後に振ることはたくさんありますし、前に投げるのもかなりしました。

しかし、左右には振っていません。競輪で野球上がりの選手で特に野手は直線的な強さがあるのを、目の当たりにしています。

それはもしかしてバットを振っているから、ねじれや振る力があり、体の側面が強いのではないかと。

1300gのバットと、700gのバットを買いました。これを振ることで側面の身体能力が上がり、もしかすると連動がさらに増すのではと思いました。

どう結果が出るのでしょうか?

  •  限界ラインを超えないで、自分のキャパを研ぎ澄ますこと。

やはり重いものを振らないといけません。軽いものは流れを使って、フォーム優先でやると飛躍的に回数が伸びますが、重いものはある程度力も必要です。

重いものを振らないと、この競技や力強さのキャパは生まれません。しかし力を使うと、回復に時間がかかりますし、ダメージも大きいです。

ちゃんと回復してから、重いものを振れる状態で、限界線の一歩手前でやる練習をするのが大事だと思います。

限界線を越えてしまうと、ほかのメニューや、回復日数に時間がかかりすぎてしまい、次に進めません。しかし初級や中級車は、どんどん限界点を超えるのはいいと思います。

限界線を越えるのは10日に一回が限度です。

具体的には40kg5分で、重い重量で体の使い方を覚えたいです。

  • アイテム等を使って、自分な有利なポジションを確立すること。

これは今回も感じましたが、アイテムがなければ、まず5分到達60回が物理的に不可能です。

この日のセッティングは、アドバンスα、アクシスアドバンステープを首筋、モーメンタムネックレスで行きました。

練習もだいたいこのパターンです。もうアイテムなしでは、完全限界点到達は無理な状況です。

このセッティングをすることで、何しろ、ケトルベルのポジションが近く感じて、蹴り込みと振り込みの動作の同町が抜群でした。

ほとんどの動作は、気流が上に行く、そして軸が上の方が断然有利です。そのポジションはアイテムで確実に自分の物になれます。

溝口選手も今回115回でしたが、ノン装備だと自己ベストの112回は確実に到達は出来ていません。たぶん105-108あたりだと思います。

そしてサプリメント系で発見は、糖質の重要性でした。今まで僕は胃腸が弱いのか、アミノ酸単体では下痢することが多かったです。

もちろんプロテインなんて、いつも下痢でした。しかし新しいサプリ、「トリプルカーボパワー」を、アミノ酸1:トリプルカーボパワー2で入れると、吸収率抜群で、一切下痢がなくなりました。

日本人は胃腸がそこまで強くないと思います。糖質の入れ方がとても重要に感じました。

 

今回は自分を出し切ったので、悔いなしです。まだまだ挑戦は続きます。皆さんよろしくお願いします!。