我がユーザー、4人の努力するアスリート。

結果を出すために、努力・知能・気持ちを出し続けている西村政子

滋賀県大津市から西宮まで毎月一回、我がジムで僕のアドバイスを聞きながら、トレーニングをしている西村選手。

学生時代ソフトボール。

結婚して体重が70㎏手前までになり、痩せないといけないということでマラソン。4時間30分がベスト。

そして何かのきっかけは分からないが、ベンチ競技に入り、52㎏級で67.5kgまで上げる。

この手前から僕の指導と道具を聞きながらトレーニングを始める。

もう2年ぐらいでしょうか。結果としてパワーリフティング、ジャパンクラシックマスターズとベンチをダブル優勝。

ケトルベルは自宅にも買い込み、トレーニングを続けてS級ケトラー。S級はプロアスリートでもなかなか出せないレベル。

コツコツとやる、特別際立った身体能力はない方。とにかくコツコツと気持ちをもって、やり続ける選手です。

5月には初の国際舞台、世界ベンチでM1-47㎏級に出場。

その47㎏級も、52㎏級より勝負できると、5kgのダイエットのに成功。甘いものを一切やめました。

めちゃくちゃ気持ちが強いです。コツコツと気持ちでここまで来たのは、本人の行動と継続のすごさ。

子育ても大変でその上PTA会長職までやっているので、地元ではスーパー母ちゃんになっているみたいです。

世界ベンチ仕事がなければお忍びで見ようかなと。生きざまを見てみたいものです。

朝4時に起きて、6時に出社し、18時に帰社。そして子育て。
その中で月1500km練習する男。松井宏典

先に言っときます。僕はこの人のまねが一番できません。

朝四時にエニタイムでそのあと出社。朝四時に起きてローラートレーニングして、嫁さんにうるさいと怒られても練習。

わからないと思えば、すぐにネットで調べその道のプロに教えをすぐ伺いに行く。

新製品があれば即試し、それに応じて練習内容も変える。

時間は有限だから、頑張っても頑張ってももう無理と思えば、ばっさり切り捨てる。

とにかくやれることを、出来ると思えばとことんやりぬく男。それが松井選手です。

僕が知っているのは10年前はパワーリフターでした。スクワット230ほど上げて、全日本実業団優勝。しかしそこから伸びない。

やれる練習やりました。しかし本当にそこから伸びない。ぷっつり連絡が途絶えました。そして3年前ぐらいですか。お会いしました。

別人に変身。93kg→66kg。トライアスロン競技に変更。スプリント競技で2時間30分ほど。自転車はやればやるほど伸びましたが、スイムが一向に伸びない。

2年ぐらいスイムの練習ガンガンやっていました。しかし伸びない。そしてレース中にスイムで接触で肩を負傷し棄権。そこでトライアスロンを一時休止。

ロードレースに変えました。速攻で答えが出て、けいはんなレースのカテゴリーは忘れましたが、3位に入賞。そこから自転車一本に絞って、体力増強目的のシクロクロスと、メインはロード。

淡路島一周のアワ一何回行ったことか。強度もすごくて完全にスポーツ心臓になり平常脈拍40です。

そして3月31日、堺浜90分エンデューロ。カテゴリーなしで12位まで。半年前9月は57位。

記録も同じコースで6周増加。平均時速も30→37km。トップ集団は8位までだったので、トップ集団以外はばらけていてその中の12位。

確実に強くなっています。練習、そしてレースに出てトライ&エラー、そして修正の繰り返し。

これ以上何かを変えるにはどこを変えたらいいかと聞かれたら、仕事辞めるか、離婚するか、ぐらいしか方法・手段がないぐらいやっています。

努力する天才はこの人のことです。僕は言いますが世間の皆さん、この人ほど努力しなくていいです!!ふつうは体壊れますんで(^^)

 

競輪選手にあこがれ9年。落ち続けたが、確実に階段を上っている男。
姫野正志

姫野選手もやっています。わがジムに来て8年ぐらいですか。最初は自分の意志で練習せず、このメニューをしたら勝手に強くなるのでは、という思想でした。

しかしその思想もだんだん変わっていきます。自分でメニューを考え、行動するようになりました。人に流されることも本当になくなりました。

身体能力的にはかなりのものがあります。特に走りに関しては、80㎏弱の体重で今でも1500m5分半ぐらいで走れる体力。

懸垂もバンバンできます。ウエイト系も普通の競輪選手よりかは強いです。

タイムも本当に徐々に上がり、フル装備で1000m1分8秒台まで持って行きました。7秒は目前です。

国体選手も徐々に補欠から正選手になっていきました。

仕事をしながら夜に街道メニューを一人でこなしています。たまに同志を連れて舞洲・ポートアイランドで練習です。

競輪試験でも風のうわさでは、1000m1分11秒3、200mが11秒6。あと2-3年早ければ通っています。去年の試験でレベルが大幅に上がりました。

努力もするし、考えもする。自分でできることはすべてやっています。僕は方向性は間違っていないと思う。実際強くなっています。

ただ気になるのが「気づき」。僕のジムではやはりジムの中の動き、ローラーしか見ていません。

僕は動力の動きや流れは判断できますが、自転車そのものの動力は専門性まではいかない。

姫野選手の体力からしてまだまだ伸びる要素があるのです。ただそれに気づいていないだけ。知る手段を知らないだけ。

自転車の動きを知っているプロに、一回見てもらってほしい。必ず変わるはず。ちょっと配線がどこかで違うだけだ。そこさえ気づけば一気に強くなると思う。

それだけのポテンシャル、今まで築き上げたものがある。

いろんな苦労・悔しさは他の人の何倍も増幅している。結果でしかそれを晴らせないから、その結果を出す最短距離を歩んでほしい。

入門して7年。体重68kgで入門し、体は110㎏まで大きくした。あとはまずは一つ上をつかもう。琴考玉

長野県松本市出身。あのスピードスケート小平選手が所属する病院でこの世に生を受けた琴考玉。

高校時代までは卓球部でなぜか相撲取りを目指し、佐渡ヶ嶽部屋に入門。

最初は序の口でも勝つのがやっと。2年ほどして初めて序の口で勝ち越しができるようになりました。

そしてそこからさらに2年ほどして、序二段でも勝ち越すことができはじめて、序二段で4勝3敗を出せば三段目になるところまでに成長。

今はそこで足踏み状況。

世間からは多分弱いと思われています。結果がすべてのプロの世界。世間からはそう思われても不思議じゃない。

しかし三段目は、レベル的に全国高校のトップ16-32レベル。幕下は大学実業団合わせてのトップから32レベル。全日本横綱・学生横綱出身で大相撲横綱は1人しかいません。

何がいいたいかというと、序二段の上位レベルになると、タダの力自慢は本当に勝てないです。

もちろん僕は勝てませんし、ジャパンクラシック優勝のスクワット321惜しくも失敗した久井宏昌も勝てないと思います。

そしてプロの世界は、基本「教えてくれません」。四股のやり方、意味、すり足のやり方、なぜそれが必要か。科学的に教えることは少ない。

科学的に初心者から教えてもらうのは確実にアマの方が、何段も上のレベルです。

プロは出来上がった力士が、強い力士ともまれて、そして関取の椅子を目指してハングリーがあるから強くなるのです。

その何もない。力もない体重もない。そこで入門して110㎏まで大きくして、そしてコツコツやりながら頑張っています。

やれと言われたメニューは確実にこなし、質問もどんどんして、常に勉強している、琴考玉。

僕はその頑張り方向性をちゃんと見てるから、三段目目指して頑張ろう!!来場所5勝以上いこう!!