素人が、二か月で100mが17秒までは3秒、16秒からは2秒以上、締める方法!

やり方わかればだれでも早くなります!!要は本当の現実を理解できるか?受け入れれるか?

先ほど100mダッシュ7-8割練習しました。朝起きて、コーヒー2杯飲んでお腹に何も入れていません。

僕は夜型なのではっきり言ってまだ体起きていないです。昨日スクワット282.5㎏やり寝不足です。

僕の自己ベストは13秒38、実測手動です。ちょい追い風。今日は向かい風でした。

結果はまずガードレールマタギ3往復の後、100m歩き二本です。行き114歩、帰り113歩でした。一番少ないときで109歩

この歩きの歩数は、かなり走りに直結します。少なくて速く歩けるときはインナー類が調子のいい証拠です。

そして今日は向かい風。体のセッティングは

アドバンスプロ上と下 気流上向きと、アンダーはおしりの角度斜め後ろ方向用

アドバンスインソール 右イン左アウト磁場反転

トリノックスサポーター 左手 右足 左右非対称にするため

アドバンステープ 鼠径部 胸郭 鎖骨の中央 右人差し指 センターラインを締めて、動力の方向を狭く強くする

イオンバランスラップ 全身 筋肉の流れをよくするため。

靴は、ナイキズームグラビティです。これは安くていい靴だと思います。不安定感が出て、前に進みやすいです。

です。

8割で初めて13秒台に突入!計算通りのラップを刻めた。今まで14秒1が最高

まず最初は流し100m 18秒37 でした。3割ぐらいの感覚です。ピッチが速くて、ストライドが追っつかない感覚でした。

次はストライドを意識して走ります。二本目 15秒78 ほぼイメージどおりでした。16秒前半を予想していましたが思っていたより早い。

そして三本目。これで終わろうと思い、前半50m7秒3-5で入るイメージで走りました。自己ベスト6秒8なので、最初の10-15mをタタッと走る意識をしました。

結果、13秒78!!8割ダッシュ自己ベストです。0.3ちょっと自己ベスト。それも向かいで出ました。

僕は走りは素人で、高校時代体重70㎏ないときで7秒切るか切らないかです。

40代前から走り出して、ずっと15秒切れませんでした。そしてアドバンスの新型、アンダーが出だしてから一気に開花。

2か月で13秒台出ました!15秒1→13秒3です。ずっと変わらなくてです。

今日の8割自己ベストで、コンディション合わせると12秒台実測では根拠出ました。

基本はドタらない。浮いているように走る。左右非対称が正解。骨盤と胸郭が締まっているのが正解

まず遅い人はドタっています。蟹股です。重心は下にあり、お腹の中心に力が入っています。あと地面をけりまくっています。力を入れようとします。

走りは前に進むことです。地面をけることでもなく、自分が移動することです。移動できればその力は最小限でいいです。

遅い人の特徴として

  1. ドタっている。重心が低い。お腹に力を入れようとする。力はいりすぎ
  2. 最初の全力から早くなった時にさらに力を入れる。ギアチェンジができない。3-4-5速がない。
  3. 蟹股やかかとから地面につく。基本鼠径部のゆるみ、骨盤のゆるみ、胸郭の綴じがないので、前に行く動力が消えている。

です。基本これをやめたら早くなります。しかし意識でこれを変えるのは2番ぐらいです。1番3番は年齢とともにそういう体の設定になります。

年を取ると、骨盤や鼠径部が緩みます。そうすることで反り腰になったりお腹が前に出ます。お腹が前に出て反り腰になると踵から地面につきます。そして蟹股になります。

骨盤を締めれるようになると蟹股は解消します。胸郭が閉じれるようになると前に行く動力が細く強くなるので、ピッチ・回転数が上がります。

最初は、意識的に分からないので、トリノックスアドバンステープを、張ることによってそれができます。

あと気流を上向きも年を取ると、体の磁場チャンネルが変わり、地面に引っ付こうとします。それを反転させるのがアドバンスのシャツ上下です。

なんか上に浮いた感じがします。これは年を取るとどんどん地面に引っ付こうとします。それでウエイトトレーニングはできるが、走れなくなり地面から離れないのはそのためです。

あとこれは盲点でしたが、左右非対称が離れるスポーツは正解です。ウサイン・ボルトは、右のストライドが2.6m、左が2.8mです。

役割として、右がトルク、左が推進力の役割があります。もちろん可逆性内蔵の人がいるので100%ではないですが、左右逆はあっても、必ず左右差は出ます。

それを簡単に体験できるのが、たばこの箱や軽いものを右で持つことです。ほとんどの人が速く走れるようになります。

さらにいいのがトリノックスサポーターでしょう。左足首、右手首かその逆です。磁場バランスでひっくり返ります。土地土地で変わるという繊細なものです

練習は週2回で十分。本気の本気は10日に1回で十分!!練習は3-5本を3-7割で十分!!

これが結構大事かと思います。まずは全力で走れること自体が大事です。タイム関係ないです。

ほとんどの人が走っていない人は全力で走れません。50mがまず無理です。ちなみに50mより100mのほうが慣れれば楽です。流せるので。

全力で走れて、その勢いを殺さずに走れるようになれば、

50m8秒5→100m16秒代後半

50m8秒0→100m16秒前半から15秒後半

50m7秒5→100m15秒前半から14秒後半から中盤

50m7秒フラ→100m13秒中盤うまい人で12秒台もあり得る

50m6秒5→100m12秒中盤から11秒後半

このような感じです。基本100mを全力で走りきること自体が、皆さんないと思います。

そこで3本設定だと、週2の練習

100mとりあえず3割走り→5割走り→7割走り 終了

100m前の感想、反省を十分叩き込んで、3割走り→5割走り→8割走りで、まだ出ると思ったら、本番一本

これだけで2か月で2秒変わると思います。条件として

フォーム、進む感覚がわかっている事。わからない場合はアドバンス頼ってください。本当に変わります。

無理をしないこと。無理な場合は練習をスライドすること。

行ける気がするときに、覚悟を決めてタイムを出すこと。

これだけです。とにかくダメなことは

間違ったことを本気で練習する事!です。悪いことばかり覚えて体の無駄遣い、怪我の元です。

一緒に皆さん頑張りましょう!!