素人は100m、確実に1秒以上は重心軸ポジション適正にするだけで変わる。

日本人は、走るポジション改善の余地大いにあり!!
お腹に重心があり、踵着地がきつく、体の前半分に軸がかからないから
逆を言えば、適正に走れるやり方覚えれば、タイムは縮む、お腹は引っ込む!

先週に60歳運動ほぼなし、体重70㎏のトリノックス社長・孝橋さんを実験で走らせました。50m走です。

結果は、9月に測ったノーマル時9秒3→8秒3に50mが1秒変わりました。

前回測ったのが夏の9月、今回は冬の1月でです。短距離は寒いほうが圧倒的にタイムは出ません。

Twitterにも書いているように、

前に倒れる様に
倒れる動力を貰う
倒れる感覚の顔の向き
左目で前を見る
もう動力を整えるだけ!

走り方は、3分もレクチャーしていません。

走るには走るポジション、ウエイトトレーニングは、そのポジションとそれぞれポジションがあり、

そのポジションをきちんと理解し実績することが重要です。

社長で50mで1秒、100mは2秒5は早くなると思います。

なぜ0.5秒多くなるかは、トップスピードが20mほどできてしまい、そのあとバテ幅が大きくなるためです。

重心バランスが大きなポイント。上半身・股関節の向きで走る方向性がとたんに変わる。

横から見た断面図です。日本人は写真のように

  1. 重心が低い。お腹に最もウエイトがある。年齢を重ねれば重ねるほど顕著に
  2. 頭と背骨の軸は背骨側に傾いている。だから余計に腹を出しやすくなる
  3. 生体気流が下がり、足元にズシっと体重が感じる。特に踵。
  4. つま先が浮きやすい。余計に踵寄りになる。

という、特徴が多いです。簡単にいけば、ウエイトバランスが後ろに引っ張られ、

前に行けない、行きにくいということです。

 

そして走る競技では表彰台独占の黒人バランスです。

ここではいったん筋力や、身長は度外視します。

  1. まず大きい重心が胸の前に、なおかつ高い位置に大きい。
  2. 頭の重心バランスもやや前気味にある。
  3. 結果つま先を使い、踵にあまり体重が寄らない。
  4. 気流は上に向きがある。走れる黒人はふわふわした印象に見える。

という特徴があります。

端的にいえば勝手に前に進みます。筋力要素もありますが、大きいポイントは先ほど挙げた4つです。

 

アドバンスアンダーを用いた股関節の向き調整
基本前に行く重心バランスにもっていったらいい

自転車のトラックレーサー・小川遼太選手にアドバンスアンダーをはいてもらい、実験しました。

 

 

 

 

 

 

 

見てもらえばわかるように、黒の服の時は踵に体重が載り、おしりが引けています。

そして、手の位置もなんとかつま先をつかもうとします。

赤の星マークのレーサーパンツをはいてもらうと、

手が前に行き、お尻の引けがなくなります。これで重心バランスと股関節の方向が、前に行きやすくなります。

たぶん100m走っていない人は、これだけで100m走が、0秒5ほど変わると思います。

前に行く慣性・推進力を殺しながら走るか、勝手に前に行くかの違いです。

陸上競技の止まらなくていい走り方と、
球技の止まらなくてはならない走り方は根本が違う。

あまり現実離れしたのもよくないので、動画をピックアップしました。これは100mが11秒7で中学1年生です。

前に行く動力があります。そこまで力強くないですが、とにかく進んでいる感じです。

10代は最も重心が高いポジションにあり、前に体が流れやすいです。何もしていない人は、18-19歳が一番走りは早いです。

そして野球のベースランニングです。塁間23-27mですが、25mはなさそうです。

それでも1周100mほどです。タイムは16秒でした。

しかし路面は土で、ベースを踏み、小回りをしないといけません。

行き過ぎるとオーバーターンもします。特に二塁から三塁が難しそうです。

陸上の走りと、球技の走りの違いは

  1. 止まらなくていいか、止まらないといけないか?
  2. ゴムレーンか、コンクリートか、土か芝生か。反発が全然違う。
  3. 無駄をしてでも最初からギアを入れるか、スピードの流れを見てギアを上げていくか?

この様に走り方の根本が違うので、単純にタイムだけで走力を言い表せない理由があります。

とにかく競技に応じた走り方のマッチング、
走りのポジション、自分のポジションを知ることが重要です。