力餅絶対王者、段洋司の考え方

びっくりするぐらいシンプルな考え方。基本とコツの繰り返し。あとは諦めの決断。

昨日段さんと1時間弱電話で話しました。

僕が力餅競技を始めて3年目。

現段階の絶対王者。15年間、力で負けたのは淡路島の大会で、新鋭向江さんだけです。

ほぼ勝ちっぱなし。年間中四国で4回、東北で1回重量が重たい力餅競技があります。

もうひとつ50 kgと比較的軽量の力餅競技もありますが、これは軽量級絶対王者の河田さんがいます。

だんさんはデビューして、入門者に用意された力餅大会で優勝し、本格デビューして2-3年のうちに絶対王者の地位を確立。

以降48回の優勝を誇り、優勝率90%以上という、とんでもない絶対王者です。

その段さんに仲良くしてもらい、本当に嬉しい限りで、人としても尊敬できるし、絶対に力で1度は勝たないといけない存在です。

その段さんと電話で喋ってびっくりしたのが諦めの良さでした。

無理と判断したものはあっさり辞める。

これが案外びっくりしました。

だんさんは普段は現場職をしており、体が資本です。

その段さんの競技暦は

学生時代 卓球

社会人で力餅競技の前 アームレスリング

でした。

卓球はかなり練習したが、ひょっと出てきて、センスだけで勝たれてしまう選手に何をやっても無理、負ける。

それを悟り学生時代で引退。

球技は8割センスと言っていました。僕もその通りと思います。

そしてアームレスリング。徳島県大会決勝で対戦する相手に必ず負けます。

必ず決勝で対戦になりなり、何回やっても負ける。

何をどう考えても負ける。

そこでたまたま出てきたのが力餅競技。

新人戦いきなり優勝して、ほぼそこから上位。

これを機にアームレスリングもやめて、力餅競技に専念。

この諦めの良さ、無駄なものに付き合わない、捨ての感性、センスが力餅の絶対王者を産んだと思います。

実際そこからは現在までの歴史を物語る、48優勝、優勝率9割、力で段さんに勝った人は淡路島の向江さんのみという状況です。

基本競技は、センス・コツ。それがあってい始めて練習・修練

段さんは力は本当に強いです。

懸垂は毎日40回欠かさずします。

しかし懸垂しかしません。

試合前にケトルベルスイング、天山ケトルベル80kg 10分70回ほど、たまにスクワット180−200ハーフをちょこちょこです。

あとなしです。

現場仕事と、懸垂、ケトルベルスイングのみと言っても過言ではありません。

しかし最初はそれだけでしたのでしょうか?

力餅競技をやりたてのとき、その時の絶対王者大浦さんに、仕込まれました。

実際の餠に型どった物体で徹底的に仕込まれました。

そこで持ち方、持つポジション、コツを叩き込まれているのです。

その上に地力が強かった。腕が長く、手のロックが強い手の骨格があった。

これで絶対王者が生まれます。実際大浦さんの後を継ぎ、その後は段さんがほぼ取りっぱなしです。

大事な点は、

  • センス・そのやる事に向いていた
  • 指導者がいた
  • 自分でコツを掴む考える能力があった
  • コツを掴めればあとは体力強化
  • 勝ってもさらに自己ベストを出す進化の気持ちを持ち続けた。

これができていたのだと思います。

段さんは釣りも名手。これもシンプル。時合・魚が活性が高い時にルアーをそこに通せるか。

これも昨日話しをしていて、要点はこれでした。

釣り自体の技術よりも、魚が食べたいと思っている時に、そこにルアーを通せるかという考え方でした。

釣りをする時間は、出社前の30分-1時間前、もしくは帰社後の1時間です。

家の目の前が海で、海をよく眺めています。

海を眺めたり、普段の釣りの時に状況をよく確認しています。

基本釣れた魚は、食べるかおすそ分けになるので、そこでお腹を開けて何を食べてるか検証します。

そこで様々なデータ、潮の満ち干き、天気、風向きを計算して、魚の活性が上がる時間にピンポイントで釣行します。

魚の前にルアーが通っても、魚の活性が低ければ食いつきません。

そこで食べている、現在進行形の魚の形、種類がマッチしていなくても、食いつきにくいです。

そこを利用して、少ない時間で大きな結果を出す。

釣りひとつにしても、やはり結果を出す考え方が、決まっているように感じます。

やはり、コツ・やり方の合致

そして、それが当たっていれば練習・修練

状況に応じてアジャスト

そして基礎体力向上

実は強くなるやり方は、かなりシンプルと改めて感じました。

段さんとは6月にでも僕が鳴門に行って遊んでもらう予定です。どうぞよろしくお願いします!