流し、流れの練習。めちゃくちゃ大事!本当に無理なく、確実に強くなります!

出し切る練習は本番で自己新を出す時か、キャパを増やすときにする練習。頻繁にできない。

色々なところの練習方法を見て、すごく思うのが

  • 毎回出し切りすぎ
  • そんなに人間は本気になれない
  • そんなに人間は回復が早くできない

です。とにかく出し切っています。

毎回MAXの重量や、人生ベストを狙うかの練習をしている人が多いです。

中級・上級になるとそんなに人生ベストは出ません。

自己ベスト・人生ベストが出る時は

  • フォーム・道具が変わって運動効率が変わっている
  • 何かのきっかけで無駄なことをしなくなった
  • 体力向上

体力向上が一番下にしましたが、そんなに簡単に体力向上もしません。

大体は無駄が無くなった、セッティングが決まった、ポジションが決まったです。

普段の練習こそ流しの練習を!これぞ全てがよくなる練習!

流しの練習とは、書いて字のごとく、流れでできる練習、7割ぐらいの出力の練習、出し切らない練習です。

私が教えてもらった100m走の流しの練習は300mの100mずつのラップタイムを同じ秒数を同じにする練習でした。

100mアップの流しで16秒が出たとすると、流しが16秒で出て、それなら300m同じ速度で行けると踏んだ時に

16秒0→16秒0→16秒0=300m48秒

で走る練習です。100mの小池選手がメインでやる練習。小池選手は13秒フラットで刻むことが多いとの事です。

私は最初20秒フラットからスタートしました。

現在はアップタイムを見て、300m流しタイムを設定します。必ずその日のコンディションで行います。

最近ではこの練習がいちばん効果が出ました!

体つきもタイムも、運動能力も運動神経も変わった気がします。

流し練習は何がいいのか?

流し練習は、本当にすごいバリエーションがあり、総合力が変わります。意味合いは

  • 無理なく、怪我のリスクを減らしながらできる。
  • 出し切らないから、ダメージが少ない
  • 運動効率は確実に勉強できる
  • 余裕があるので、考えながら修正できる
  • 結果でいつ本番できるか見通しが建てれる
  • 効率がよくなるから、さらにダメージも少なくなる。
  • 刺激は入っているから、思っている以上に練習になっている

とにかく、効率が本当に変わります。

考える人であればあるほど、問題点をあぶりだせるので、そこの修正ポイントがみつけやすく、改善しやすくなります。

あとはやっぱりダメージが少なく、技量は確実に上がる。スポーツは体力と技量なら、競技は技量の方が大事です!

順番的に

技量→体力→技量→体力→メンタル→技量

ぐらいな順番かと。

わたしは300mの流し練習を採り入れてから、修正を重ね100m12秒8が出ました。

技量の修正と体力向上ができたから以外にありません。

流し練習は慣性がつくもの以外できない。具体的なやり方

私は100mでは

100mずつのラップタイムを同じ秒数にする。

ラップを刻む秒数は、事前の100mウォーミングアップタイムで決める。

わざと遅く刻む場合は2本、タイムが出そうな場合は、1本で終わらせた。

明らかに失速して力を使いすぎそうな場合は途中でもやめました。

要は技量と流れの中の体力を養っています。

超回復をさせるために追い込んではいません。極力色んな練習ができるように、追い込みすぎないことが大事です。

例えば自転車なら、600mを200mずつラップを同じで刻む。

ケトルベルなら、流れで振って、きつくなれば躊躇なく置いて、決めた回数の到達タイムを見る。置いたあとの休憩は、次のセットが出来ると思うまで待つ。

なんでも決めれると思います。

とにかく出し切ると

  • 全身が疲弊してしまい、他の練習が出来なくなる
  • 体が麻痺して感覚が鈍る
  • 出し切らないといけない病にかかってしまう

こういう理由でしょっちゅう出し切りません。

出し切る時は

試合・自己ベストを出す練習・ここは出し切ると決めた日の練習

です。

騙されたと思って1ヶ月取り組んでみてください!いい結果出ます!