自転車のクリート。位置、角度、硬さで全く変わる。

平らな昔ながらのペダル「三ケ島ペダル」は、アップドラフトのクリート一択。そこからチョイスする。

ロード自転車には全く見かけないですが、競輪で認定されている、「NJS規格」のピストレーサーは、平らな三ケ島ペダルです。

そのペダルに取りつける「クリート」はアップドラフトが、競輪界でシェア率相当伸ばしています。

アップドラフトのホームページ

そのクリートの特徴は、

  • ピッタリがっちりはまる。遊びがない。
  • 角度と左右の傾きが選べる。

です。我がジム所属の姫野選手は、選手歴高校からなので20年ですが、クリートを買って、2日で1000M自己ベストが出ました。

このクリートは新しいタイプの、ハイの溝が左右同じタイプですね。

要はかかとの角度が上がったタイプです。

トルクはあるが回転が欲しい人が好むと思います。

私も実験してみました。

私は、赤のミドル、溝が左右0.3mmズレがあるタイプです。説明書とは逆に、左右を入れ替えました。小指に力を入れたいためです。

このように取り付けました。青のマジックが入っている線が、本来であれば、そこまでしか、クリートはつま先よりになりません。

しかしながら、私はシューズに穴を開けて、取り付けました。

このように1,5cm上に穴を取り付けました。

これはつま先で踏むというより、本来シューズは、ロード用のビンディングペダル一択の状況です。

そこで昔ながらの三ケ島ペダル、シューズはビンディング用のクリートを取りつける、仕組みになっており、三ケ島ペダル専用のシューズはこの世に存在しません。

そこでこのままでは、シューズがペダルと設置位置が後ろになりすぎなので、穴を入れました。

結果、ビンディングの浅めとほぼ同じ位置に取り付け出来ました。

しかしながら、これでも三ケ島ペダルは、ペダルの軸後ろにクリートを取り付ける。

ビンディングは、逆にペダルの軸前に取り付ける

という真逆の設定です。

基本浅めそしてペダル軸の前の効果は

  1. 仕事量(パワー)は出せる
  2. 高速度帯、バンク路面好条件が有利
  3. 惰性がつきやすい

です。逆に、ペダル軸後ろ深めの位置は

  1. 出だしが有利
  2. 上り坂が有利
  3. 表面的なワット数は出ない

傾向にあります。ヒルクライムなどは、深めが有利だと思います。

昨日の実験の結果。高速回転、平面の自転車走行は確実に浅い方が有利。また、前の軸にはめるビンディングタイプが有利。

昨日実験しました。パワーMAX2kp120回転3分です。

僕はこのメニュー、競輪学校受験時によくやっていました。

この付加でこの内容をできたり出来なかったり。しかし連続でセットを組むとすぐに足が終わり、そのあとの練習は、ただやっているだけになるきつさです。

  1. 実は、カーボンシューズでそしてアップドラフトクリートでやるの初めての状況。今まではプラスチックシューズでした。普通の深さのクリート位置で2分しか持たず。しかしあたりは軽い。
  2. 次にクリート位置を、穴を新たに開けた浅い位置で実施。何とか3分持った
  3. アドバンス、パワートランスの弊社製品をミックス。さらに軽くなり、3分余裕でクリア。

という結果でした。

感じたのは、確実に「三ケ島ペダルで、今のロードシューズでのクリート位置は深すぎる。」

というのが感想です。

このように、ビンディングに比べて、三ケ島ペダルで、シューズに穴を開けていないと、いちばんクリートが浅い所でもこれまでで、踏んづけてペダルをこぐ元になります。

1歩から4歩までは、深めの位置でもいいですが、回転がかかってくると、深めの位置は力が入りすぎて、回転スピードに体が固まって反応しない。

1ー4歩なんて、スタンディングで3ー5秒なので、そこさえクリアしたら浅めがいいです。

陸上選手は、ワットバイクで数値のだすのは、つま先がよく使えて、かかとでドシーンとした動作がないので、ワットが出るのでしょう。

しかしワットが出たからと言って、スピードが出るかと言うとまた違います。

スピードは、路面や地面角度に応じて、前に進むポジションにある。回転基軸が前に進む角度と合致しているのが条件です。

ただ浅めは確実にワットが出せます。

勾配やストップ&GOが少なければ圧倒的に有利なのは間違いないです。

それにしても、競輪学校受験時、こういう情報や道具があれば、数値では絶対合格水準に達せる自信があります。

本当にもったいない。これを見ている皆さんは、絶対そういう思いはして欲しくないので、研究して、取り入れていただけたらとお思います。