琴奨菊、引退へ。心の準備はいつでも僕はできていました。人生で一回きりの大事な6時間を、僕に割いてくれてありがとう。

あんな瞬間は、人生の中で絶対にない。今でもそのことを思ってくれて、本当にうれしい。

僕の携帯に11月13日金曜日21時37分、電話が鳴りましたした。画面表示は「琴奨菊関」です。一瞬で内容がわかりました。

 

僕の第一声 もしかして?

菊関 正解!!

 

7分ほどしゃべったんですが、素直な気持ちとして、大事な時間を僕に割いてくれて、本当にうれしかったです。

菊関ほどの大力士になると、関係各位たくさん支援者がいます。

引退を決意して、自宅に帰宅しご飯を食べて、常識的な時間として18時から24時、6時間しか支援者の引退の報告時間がないんです。

ニュースからの又聞きと、直接本人から電話で話をするというのは全く意味が違うし、電話は二人の時間の共有行為です。

その大事な時間を、僕にいただいた。

ちなみに本日お父さんとお話をした。お父さんに電話はどうも順番的には最後のようです。

柳川の後援会長にも報告があったそうで、後援会長は本当に報告があったことに今まで応援してよかったとお父さんから聞きました。

まだ今日は休場届で、理事会で秀ノ山親方襲名が承認されて引退受理の順番ですので、まだ引退ではありませんが、ほぼ事実上引退です。

今日は菊関から一通のラインが届きました。リンク先はユーチューブで、文言は何一つありません。

これをもらった時すぐに動画確認して、分数が14分と表記がありました。まだジムでトレーニング中なので、ちゃんと見てから返事をしようとまだ返事をしていません。

見ていると、敗北でやられている動画集です。菊関的に、引退を決意して休場届を出して、本来土俵にいる時間が別のところにいるのが、何とも言えない気持ちだと思います。

今まで子供のころから相撲の人生、中高校とタイトル量産、超エリートとして佐渡ヶ嶽部屋入門。すぐに関取、幕内と駆け上がり、大関に昇進。

そして日本人力士10年ぶりの幕内最高優勝を果たし、一年後に大関転落その後幕内残留を約3年勤め、今場所十両転落。

生涯戦歴 828勝676敗41休/1496出(112場所)

幕内戦歴 718勝621敗41休/1332出(92場所)、1優勝、3準優勝、4技能賞、3殊勲賞、3金星

もう相撲界では、大が何個も付いてもいい成功者です。

菊関はよく言っていた言葉として、「相撲をなめられたくない」。現役後半には「相撲を追求したい。楽しみたい」という言葉よく耳にしました。

相撲が好きで、相撲に人生をかけ、相撲で大成功をおさめ、そして力がなくなり、負けが込み、弱くなっている自分に直面。

最後は自分で納得するまで、もういつ辞めてもいい状況、大関としての散り際を求められる立場であることも承知の上、自分に納得するまで土俵に立つ。

そしてそれが昨日だったのかなと思います。僕の好きな北の富士さんは散り際を求めていました。

しかし自分の人生は自分で決める。本人が納得するまで、やりたいことはやり続けたらいい。

勝負の世界は、負ければ必ず地位が下がり、引退がちらつく。勝負の世界で生き残るのは勝っている人だけです。

幸い、菊関はこの後に30年も指導者として協会に残る。菊関よりも強い力士を輩出する使命があります。

負けが込み地位がなくなるなるタイミング。今後指導者として、いろんな思いをした方が確実に次を伝えられる材料になる。

それが交錯した瞬間が昨日だったわけです。そんな思いを一つのリンクに僕に送ってくれたのかなと思っています。

ただ僕個人の考えで、この動画は、

まず世界戦に立つ人は、その時点でめちゃくちゃ成功者である。勝ってきた人である。

復活や、負けて引退がクローズアップされる人は、「勝ち続けれた人だけである」

菊関自身は、相撲界で歴代で見ても「勝ち続けてきた人」一時代の壁をぶち破った「10年ぶりの日本人力士優勝力士」であり、第242代大関琴奨菊です。

これからは、勝ち続ける人を育てるのはもちろん、負け続ける人に対しても真摯に向き合い、共に相撲界を築かなければなりません。

勝負の世界は、必ず勝つ人と負ける人がいて、勝ち負けは必ず半数ずつです。

勝っている人も、負けている人も、一人の人間として、菊関自身が向き合って、大相撲の歴史を築き上げる立場になります。

もし僕が支援できる立場になれるのなら、是非その中に入りたい。

菊関が菊関よりも強い力士を育てて、勝てなかった力士も相撲界に入って人生の糧になったと思える力士に向き合える力士を後ろでバックアップしたいです。

菊関は、もう報道でも書いていますが「人望・人柄」は、もう横綱級ですので、間違いなくそれができると思っています。

 

だけど何気ないところから、菊関と縁ができて、一つのすごい瞬間を共有できました。本当にすごい瞬間でした。

またその瞬間以外でも、本当に僕はお世話になり、そして口うるさく物事を直言して、言いたい放題菊関に僕は言っていました。

嫌な思いもたくさんさせたと思いますが、成功もさせて貢献もできた部分も事実としてあったと思います。

それで昨日大事な時間を僕にくれました。ちなみに誕生日プレゼントも手作り動画をもらいました。

本当にありがとう。これからもよろしくお願いします。

塩田宗廣