走りの進化 2000m走 体重90㎏台では一番早くなっている。

走りは確実に走り方と、有利な重心ポイント、有利なパーツ、有利な道具、有利な体重

先ほど2000m走をそこそこ疲労がある中で走り、1㎞4分47秒で靴紐がほどけているため中断。たぶん9分40秒、キロ4分50秒ペースでフィニッシュだと思います。

パッと走って自己ベストペースです。

この2000m走、この体重で結構走りました。

もう10年は90㎏台の体重になっているので、90㎏の体重ではの話です。

長距離走は、まず早くなるには減量だと思います。5㎏変われば相当変わります。

一度、6年前の2016年、パワーリフティングの階級を落とすために、かなり走り込みをしました。山道コース1.7㎞です。

スーパーユーザーの松井さんは、このコース体重67㎏で9分23秒で走っています。

僕は普段12分から13分で走ります。しかし減量して85㎏になったとき11分47秒で走りました。

11分台はこれただ一回のみです。何をしても変わりませんでした。

そして、大阪市長居に一度引っ越しして2000mをやりました。大体10分40秒から11分15秒です。

人がいるマラソン大会で2㎞のリレーに駆り出せれ、そのとき10分30秒です。この時2018年。ここから2年自己ベスト無し。

そして、2020年11月、やっと自己ベストがでました!9分54秒。はっきり道具の力と断言できます。

結局やり方、ポジション。それしかない。実際それでしか、30代以降は変わりにくい。

端的に言うと、僕の2000m走は

  • 完全ノン装備 11分30秒
  • 靴がナイキズーム系 11分
  • アドバンス装備上下服 10分20秒-40秒
  • アドバンスサポーターとサングラスで左重心 9分40-50秒

実際こんな感じです。何回走ってもそうなります。

走りに有利なことは

  • 足がナイキズーム系 足元がフォアフットになる。踵着地をしない
  • アドバンス上下で重心を上にあげる
  • アドバンスサポーターとサングラスで左重心にする。
  • 背骨重視でなく、出来るだけ前傾姿勢を少しでも保てる、重心バランスを形成する。

これができるかできないかで、スタミナがあるかないかの勝負をしたらだめです。

あとは呼吸法の確立。

自分は全然ランナーでも何でもないのですが、日本に優秀なランナーや、市民ランナーがいて、

  • 踵着地
  • 重心が下
  • 忍者走りしかできない

は非常にもったいないです。まだまだ走れます。まだまだ動きます。

とにかく、まずは動かし方、重心ポジションの取り方。できなければアドバンスに頼る。

僕はアドバンスの進化によって、どの競技も進化しました。

昔は筋力筋力といっていました。重量を挙げるパワーリフティングの数値こそが絶対と思っていた時期もありました。

しかしスポーツをかみ砕いてみてみると全くそういうことはなく、とにかくその競技や動きに対してのポジション、動かし方です。

まず人間の機能を取り戻す走りは絶対で、まずは全力で走り切れる動かし方ができる事、認識することが大事です。

だけど普通はその走り方すら、なかなか全力で走ることは厳しいのが現実です。

そこはアドバンスの力でポジションを変えます。走っていない人は走れる体、走れるやり方を思い出すのが先決です。

走りが早い人は、努力で早い人よりも、圧倒的に「才能で早い人」の方が多いです。

それはそのやり方が最初から身体にインプットしています。それを呼び起こすのはアドバンスです。